院長の紹介
DOCTOR

PROFILE

医療法人メディア代表
院長 岸本 雅吉

医療法人メディア 銀座コア歯科 理事長
医療法人メディア メルサ矯正歯科 理事長
きしもと刈谷矯正歯科 院長

日本矯正歯科学会会員
A.A.O(アメリカ矯正歯科学会)会員21矯正研究会会員愛知県歯科医師会会員
刈谷市歯科医師会会員
日本顎咬合学会会員(咬み合わせ認定医)

岡山県生まれ。岡山県立津山高等学校卒業。
1985年、愛知学院大学歯学部大学院終了。
1990年〜99年、松本歯科大学非常勤講師(歯科矯正学)

現在は、愛知学院大学歯学部非常勤助手(口腔病理学)として後輩に教育指導を続けながら、東京都中央銀座5丁目の銀座コア館8Fで「銀座コア歯科・矯正クリニック」、名古屋駅の名鉄メルサ館」で「メルサ矯正歯科」、さらに愛知県刈谷市で「きしもと刈谷矯正歯科」を開院し、臨床に従事している。

各種学会等で論文の学術発表を精力的に行い、論文は「発育中のラット下顎頭におよぼすシクロホファミッドの影響」「対症療法の矯正治療から原因除去の矯正治療へ」ほか多数ある。

著書に(社)日本PTA全国協議会の推薦図書で『子どもと大人の「歯の矯正」なるほどブック』(発行:海苑社)がある。

 みなさんはじめまして。

 東京と名古屋で矯正治療の歯科医院を開業しております歯学博士の岸本雅吉と申します。

 私が日々、多くの患者さんの矯正治療をしていて思うのは、矯正治療をしようと考えている方の矯正治療に対する知識があまりにも乏しいという事実です。

 あなたもご存知の通り、「歯」は人間が生活していく上で欠かせないものです。

 歯並びが悪かったり、噛み合わせが悪いと、それ自体が体のバランスを崩す原因になり、肩こりや偏頭痛をもたらすことは広く知られています。

 また、その見た目によって自分の容姿について自信が持てず、引っ込み思案になってしまったり、自虐的な行動を取ってしまうケースなどの精神的な問題も見逃すことは出来ません。

 こう考えてみると、歯並びの問題はある意味では人間生活にとって欠かせない問題であると言えるのです。これほど大きな問題であるにも関わらず、矯正治療をされる方は矯正について何もご存知で無い場合が少なくありません。

 私はおよそ20年もの間、一貫して「抜かずに治す」という治療を続けてきました。これは自分自身の歯を使い、上下合わせて28本の歯で生活することが最も理想的と考えているからです。従来型の、抜歯を基本とした矯正治療法では、健康な歯であっても見かけを綺麗にするために小臼歯抜歯をしています。

 上記の28本以外の親知らずなどを抜くのはまったく問題が無いのですが、健康であり、かつ本来必要な歯まで抜いてしまうのはそれこそ問題です。確かにこのような矯正であっても見かけ”だけ”を綺麗にすることは可能です。

 しかし、健康な歯を抜いて、自分自身の肉体が健康であることが難しいのはいまさら説明の余地が無いでしょう。あなたに矯正についての知識が無いと、矯正治療を受けても自分が受けている治療の意味が分からず、結果、さらに不幸になってしまう可能性すらあります。

 最近になって、ようやく「抜かずに治す」という矯正治療のスタイルが歯科業界に少しずつ根付いてきました。私は1人の歯科医としてこの傾向を非常に嬉しく思います。ただ、まだまだ従来型の抜歯をおこなう矯正治療が大半で、患者さんが安心できる状況とは到底言えません。歯科医として悲しく思います。

 一生を左右する矯正治療だから、真剣になって欲しい、そして矯正するのであればすべての方に健康で幸せになって欲しい。そう思いながら書き上げたのが「抜かずに治す歯並び」です。

 予算の関係もあり、すべての方にお配渡しする事は出来ませんが、先着418名様に限り無料でプレゼントさせて頂きたいと思います。これは私なりの社会貢献の形です。「歯」で生活させて頂いている私が、「歯」の問題について悩むあなたへの恩返しでもあります。歯について真剣にお考えのかたはぜひ一度読んでみてください。

 あなたが普段抱えている、歯について、矯正治療についての疑問がどんどん晴れていくと思います。この本を読んで、一人でも多くの人が幸せになって頂けると嬉しいです。

岸本 雅吉